トップ > ロレアルプロフェッショナルについて
The Star Brand 1909年から美容業界を牽引

1907年、パリ。 ロレアルの誕生は小さなアパルトマンの一室でした。

若き化学者ウージェンヌ・シュエレールがついに世界初となる合成ヘアカラーリング剤 「オレアル」 を開発。瞬く間に評判を呼ぶところとなりました。 1909年、シュエレールは後のロレアルの原型となる「フランス無害染毛株式会社」を設立。 以来、「美容」という “人を美しく輝かせる” 職業の発展に情熱をもって力を注ぎ続けてまいりました。

そして現在、ロレアル プロフェッショナルは、そのエスプリを引き継ぎ“ファッションを発信し続ける美容ブランド” として、ファッションと芸術的インスピレーションの象徴であるパリを拠点に、世界中のファッションやトレンドに携わり、最高の製品と専門性で美容師たちをサポートしています。 また、ファッション界との強力な結びつきもあり、今ではデザイナーのランウェイショーを成功させるためのキーパートナーとしてパリ ファッション・ウィークの公式パートナーという揺るぎない地位を確立しています。

世界最大の「美」を創造する会社

現在、ロレアルグループは、ヘアケア・ヘアカラー・スキンケア・メイクアップ・フレグランスの5つの事業領域を持ち、総勢3,782名の気鋭の研究者、年間3,000の新テクノロジーと20,000の特許数を保有、世界年間売り上げ1位を誇り、130ヵ国以上で展開する一大ビューティ・メゾンへと成長を遂げました。 世界5ヵ国、18ヵ所にある研究開発センターでは、年間約791億円もの研究費を投じ、毎年500件以上もの特許を取得しています。 研究開発費の3分の1は基礎研究にあてられ、過去40年間に130の新規化粧品分子を開発。 厳しい臨床試験を経た安全で確かな製品は、設立から大切にしてきた 「研究開発と美しさのための革新」というポリシーのもと、今日も世界中の女性たちの美をクリエイトし続けています。

logos
logos

世界最大規模、世界 No.1の毛髪科学

世界をリードする日本の研究開発

進歩めまぐるしい科学の分野において、日本の技術はいまや世界をリードし、日本で処方開発された製品が世界中で展開されています。先進テクノロジーを支えるKSP(かながわサイエンスパーク)では、アルーリアや、カーリアなどが開発されました。日本には基礎・応用・開発・評価の全ての研究段階が集約されており、幅広い研究を行っています。またグローバルに開発された技術を応用し、日本人の毛髪に合わせた独自の処方開発を進めるのみならず、今では日本発の技術が世界中で利用されています。

KSP

革新的な分子を開発する、ロレアルのテクノロジー

イオネンG Ionene G 

ロレアル毛髪科学研究所が開発した短い鎖状の低分子カチオンポリマー「イオネンG」。傷んだ部分にすばやく浸透し、人工的に健康毛のケラチン鎖を形成。非常に多くのプラス電荷を帯びているため、毛髪の傷みが激しい部分にひときわ強く吸着し、すぐれた補修・保護効果を発揮します。さらに髪の表面に保護膜をつくり、さまざまなダメージから髪を守り続けるという効果があります。また、アルカリ領域の中でも安定して働くため、カラーやパーマもダメージを気にすることなく楽しむことが出来ます。

セラミド Ceramide

ロレアル毛髪科学研究所が開発した合成セラミドは、髪本来の成分に似た活性成分を利用して傷んだ髪やキューティクルを元通りの構造に補修・保護するという画期的な成分です。本来セラミドはキューティクルの密着性を保ち、毛髪保護効果を維持する成分でしたが、お手入れやスタイリング剤などの外的要因で毛髪の性質が変化すると破壊されてしまうことが分かっています。研究所は最新技術を利用して、毛髪キューティクル内部の細胞同士をつなぐ「セメント」が変質して出来た隙間にセラミドが堆積することを突き止め、結果、毛細繊維が再び滑らかに整えられることを立証しました。

イントラシラン Intra Cyran

水と反応することで効果を発揮するテクノロジーで、有機質部分(髪の構成成分であるプロテインやアミノ酸)と無機質部分(ミネラル等)を併せ持ち、水分との接触により徐々に変形して網のように広がります。 有機質部分は有機質同士結合しやすく、無機質部分は無機質同士(イントラシランの無機質同士)結合しやすい特徴があり、その働きにより毛髪内部で3Dネットワークを形成し、余分な水分が蒸発することで固定化し、定着します。

ステモキシジン Stemoxydine

ロレアル研究所は世界で初めて、毛髪の源である毛包幹細胞には2つの貯蔵部がある事を発見。こうした研究を通じて、毛包幹細胞の環境を整え、活性を維持することが、毛髪生成において“量”、“質”の両面で重要である事をつきとめました。ステモキシジンは、髪の源である毛包幹細胞に働きかけ、その機能を活性化。その結果、長期化していた休止期が短縮され、眠っている髪を目覚めさせます。