文化服装学院 フューチャータレントサポートプロジェクト

KENZO、コシノヒロコ、ケイタマルヤマ、ツモリチサト
          世界で活躍する日本人デザイナーの母校

文化服装学院の卒業制作ファッション・ショーをサポート!

卒業制作ファッション・ショーのバックステージで活躍する気鋭のサロン

ファッションショーバックステージを支えるため全国から集結したサロン。学生デザイナーが希望するヘアイメージをプロの手で実現し、ヘア&メイクとファッションの融合を見事に表現しました。この貴重な出会いが、のちのファッションウィークに繋がることを夢見て、このコラボレーションは今後も続きます。

フューチャータレント
サポートプロジェクトとは?

2013年度から本格的に始動となったロレアル プロフェッショナル×文化服装学院による「Future Talent Support Project」。 高度専門士科学生デザイナーが4年間の集大成として創作する「プライベートコレクション」の最終形を飾る「ポートフォリオ撮影」と「ファッションショー」のヘア&メイクアップをヘアクリエイターとして第一線で活躍しているサロンがフルサポート。独創的かつ自由なデザインでクオリティの高いスタイルをクリエイションしています。

DESIGNER:大澤夏珠, THEME:Astral synchronicity, hair & make-up creation:Beetle, TEAM LEADER:和田祐子 素晴らしいプロジェクトに参加できてとても良かったです。ショーのコンセプトから外れないよう各モデルさんのイメージにマッチさせることを心掛けました。今後も発想力や再現するテクニックをもっと磨いていきたいです!
DESIGNER:Pablo Svensson, THEME:MISFIT, hair & make-up creation:PUKA SHELL, TEAM LEADER:安藤由紀 今回はMISFITというテーマのもとで感情を持たないロボットのイメージで作品を作りました。今後サロンワークの中でもヘアメイクとファッションとで足し引きのバランスを活かしてきいたいなと思います。
DESIGNER:内村円悠, THEME:Craftmans luxurizm, hair & make-up creation:ZENKO, TEAM LEADER:堀内将男 今回で2回目の参加になるのですが、選ばれし文化服装の学生さんが自分の培ってきたものの集大成を発表するというイベントに携わらせていただいて、デザインをする、いいものを作るという共通項はあり、そこに対する情熱を感じられ、私たちも美容学校時代をフィードバックできるいわば初心を思い出すことができる貴重な体験ができたことをロレアルさんには感謝しております。またこのようなやりがいのあるイベントに参加できたらと思っております。ヘアのポイントはやはりデザイナーの円悠さんのファッションデザインにマッチさせることを第一に考え、タイトにツヤのあるまとめ髪にエクステンションをジョイントさせ、シンプルでありながら主張がある、クラシカルでありフューチャー的な要素も感じられるヘアデザインにしました。
DESIGNER:大曾根萌, THEME:まほろば, hair & make-up creation:Hair Clear, TEAM LEADER:今泉佑太 まほろば(素晴らしい場所という日本の古語)。現代の日本においてはあまり馴染みのないこのテーマ。今回の卒業制作ショーにおいて、最も「大和(日本)」的であり、故に、ヘア、メイクのどこに「繊細な美意識」を表現するか?に最も時間を費やしました。作品のフォーカスとディテールについて大曾根さんと話を重ねることで、その情熱がチーム内のスタッフに伝播、それは「大和魂」として私達に湧き上がりました。ショーが成功をおさめ、全員で涙しながら喜び合えたことを忘れられません。
DESIGNER:入濱里美, THEME:着るだけで満腹, hair & make-up creation:-PRIMA-, TEAM LEADER:中村美香 ヘアスタイルのポイントはひとつひとつの作品に合わせたスイーツ感が出るように努力しました。デザイナーさんが表現したいことをくみ取る難しさやサロンワークではあまり経験することのないセットやメイクが出来たことは新鮮な経験だと思いました!
DESIGNER:佐々木光明, THEME:secret daughter, hair & make-up creation:ARURU HAIR, TEAM LEADER:加藤宏之 デザイナーの方の世界観、イメージを一番に考え一緒にステージを創りあげることができ素晴らしいショーになったと思います。
DESIGNER:曽根奨悟, THEME:SWIM CITY, hair & make-up creation:CRESCENDO, TEAM LEADER:蛭子井菜摘 今回のヘアのポイントは作者のイメージワードが【海やスイムウェア】でしたので、【海から上がった様な質感】で作らせていただきました。作り込み過ぎないスタイルというのもポイントでしたが、あえてメイクはハッキリとさせてバランスをとりました。とてもこだわりのある生徒さんでしたので私たちクリエイターとしてもやりがいのある作品でした。今まで当サロンではスタイリストのみで参加させていただいておりましたが、今回はヘアメイク初挑戦の1年目のアシスタントも参加させていただきました。それによって、彼らのモチベーションや技術力もあがったので、とても良い経験となり感謝しております。こういった作品作りはサロンワークと違い、また技術力の幅がとても広がります。撮影などの作品撮りの際や普段のスタイリングやメイクに応用して、とても活かされております。
DESIGNER:岩田麗歌, THEME:Bisque Dolls, hair & make-up creation:TRUTH, TEAM LEADER:南雲崇志
テーマはビスク・ドール。19世紀ヨーロッパ。デザイナーの岩田さんのイメージを尊重し大切にし、何度も岩田さんと打ち合わせをしてヘア、メイク、ファッションが一つになり、トゥルース史上最高の仕上がりになりました。美容師としてクリエイティブ活動は感性を育てます。この経験をサロンワークや美容師人生に役立てればなと思います。
DESIGNER:仲宗根光, THEME:booking offer, hair & make-up creation:TONI&GUY, TEAM LEADER:中澤夏樹 デザイナーのイメージと、やりたいことを最大限にしてほしいという思いから、ヘア、メイク、衣装それぞれ意見を出し切れたことが、成功の鍵になりました。本物の金箔を使ったアバンギャルドな質感がこだわりです。
DESIGNER:平戸麻鈴, THEME:Night on the Galactic Railroad, hair & make-up creation:BA, TEAM LEADER:井川のぞみ 今回ショーに参加させていただいたことは、デザイナーさんの想いをいかに形にしていくか、試行錯誤し、時には悩み、勉強を重ね、大変貴重な機会となりました。当日は不安もありましたが、ランウェイを歩く姿を見た時には感動と達成感でいっぱいになりました。素敵な時間をありがとうございました。
DESIGNER:町田亜莉沙, THEME:PINK CLOSET, hair & make-up creation:BIGUINE, TEAM LEADER:村田智美 テーマは70年代のドーリーなイメージを表現しました。普段味わえない緊張感と、達成感、また、他の作品にとても刺激を受けました。これを生かして、メイクなども含めて、提案の幅を広げていけたらと思いました。
DESIGNER:山田珠実, THEME:silent majority, hair & make-up creation:PROGRESS, TEAM LEADER:当麻達哉 ヘアのポイントは、サイドタイトなモヒカン、高さを出したクールなスタイル。メンズは、ナチュラルにこだわった自然体なスタイル。今回のプロジェクトは、学生デザイナーの山田さんとのイメージ共有と作品づくりの楽しさ、全員でつくった達成感を得る素晴らしい企画でした!自社では、トータルビューティーを売りにしている中でお客様のファッションを生かしたトータルでの提案をしていきます!
DESIGNER:藤田北人, THEME:BAND OF THE NIGHT, hair & make-up creation:LENAHC, TEAM LEADER:結城茜 ブランドイメージに合わせたヘアメイクを作り上げることでクリエイティブな発想力、技術の向上に繋がり大変貴重な経験となりました。今後はお客様とのイメージ共有に活かし、また新たな提案もしていけるよう取り組みます。