FASHION WEEK TOKYO A/W 2016 華麗なる競演で魅せる“ファッション×ヘア”in ミラノ・東京
FASHION WEEK TOKYO A/W 2016 華麗なる競演で魅せる“ファッション×ヘア”in ミラノ・東京
Motohiro Tanji × YAS with VISAGE CREATION Hair Keyword 上質な輝きを放つ洗練カジュアル
Motohiro Tanji × YAS with VISAGE CREATION Hair Keyword 上質な輝きを放つ洗練カジュアル
ニットに特化したブランドMotohiro Tanji。「A Distorted Space=歪められた空間」をコンセプトに、裾を前にずらしたり身頃を横にねじったりといった様々なギミックを施し、手の込んだニットクチュールを紡ぎ上げている。ヘアは洋服の中に入れ込んだりサイドに流したりと、洋服と一体化したかのようなゆがみを完成させた。
ユーズド感を出したジーンズと合わせるなど、今期はスタイリングがすごく洗練されたカジュアルに変化しました。ヘアもカジュアルに見せながらも髪の素材を美しく仕上げ、上質さを感じさせることを大切にしていています。[YASさん]
緊張感のある中、スピーディーかつ正確に動くYASさんの姿に感動しました!一見無造作に見える質感の裏側にある丁寧な仕事を間近で見れ、基本の大切さをあらためて感じました。[VISAGE CREATION 城井さん]

ユーズド感を出したジーンズと合わせるなど、今期はスタイリングがすごく洗練されたカジュアルに変化しました。ヘアもカジュアルに見せながらも髪の素材を美しく仕上げ、上質さを感じさせることを大切にしていています。[YASさん]
緊張感のある中、スピーディーかつ正確に動くYASさんの姿に感動しました!一見無造作に見える質感の裏側にある丁寧な仕事を間近で見れ、基本の大切さをあらためて感じました。[VISAGE CREATION 城井さん]

テクニアート ビーチ ウェーヴを全体に塗布して、ストレートにブロー。トップは逆毛を立ててエルネットサテンをスプレーし、ふんわりとした立ち上がりを作る。サイドは直線的になでつけエルネットサテンでキープ。ミシック オイルで中間から毛先に上質感のあるツヤをプラスし、洋服に合わせ毛先をサイドやバ ックに入れ込む。
テクニアート ビーチ ウェーヴを全体に塗布して、ストレートにブロー。トップは逆毛を立ててエルネットサテンをスプレーし、ふんわりとした立ち上がりを作る。サイドは直線的になでつけエルネットサテンでキープ。ミシック オイルで中間から毛先に上質感のあるツヤをプラスし、洋服に合わせ毛先をサイドやバ ックに入れ込む。
Ujoh×CHINATSU ブライトラインのスクエアシルエット
TSUKASA MIKAMI×YAS with MOZAMI&BIOH Hair Keyword 目を覆い隠す極長バング
スーザン・ソンタグの著書である戦争写真論「他者の苦痛へのまなざし」に影響を受けた「THE PAIN OF OTHERS」がコンセプト。ミリタリー迷彩のグラフィックをメインに、手描きで純白の花柄を塗りポジティブなデザインに仕上げている。目が隠れるほどの前髪ウイッグを装着し、心の目で見るというメッセージをヘアからも発信した。
とてもメッセージ性が強いブランドなので、まなざしから目に見えるものだけが真実なのかと問うようにヘアもコンセプチュアルに。真っ黒な前髪ウイッグで目を覆い隠し、モデルの骨格に合わせてそれぞれカットラインを変えています。[YASさん]
いつ見ているのかと思うくらい忙しいのに、私たちの動きもきちんと把握して指示を的確に出してくださいました。サロンでもっと周りが見えるように気配りを心掛けたいです。[MOZAMI&BIOH 湯川さん]

とてもメッセージ性が強いブランドなので、まなざしから目に見えるものだけが真実なのかと問うようにヘアもコンセプチュアルに。真っ黒な前髪ウイッグで目を覆い隠し、モデルの骨格に合わせてそれぞれカットラインを変えています。[YASさん]
いつ見ているのかと思うくらい忙しいのに、私たちの動きもきちんと把握して指示を的確に出してくださいました。サロンでもっと周りが見えるように気配りを心掛けたいです。[MOZAMI&BIOH 湯川さん]

分け取った前髪部分は三つ編みを作り、巻き付けながらウイッグをつける土台を作る。残りの部分は、テクニアート ビーチ ウェーヴを髪全体に塗布して、モデルの持つ髪のクセを引き出しておく。最後に前髪ウイッグをつけて、真っ直ぐやアシンメトリーなど似合わせながらカット。エルネットピュールをスプレーし、濡れたような漆黒のツヤ感に。
分け取った前髪部分は三つ編みを作り、巻き付けながらウイッグをつける土台を作る。残りの部分は、テクニアート ビーチ ウェーヴを髪全体に塗布して、モデルの持つ髪のクセを引き出しておく。最後に前髪ウイッグをつけて、真っ直ぐやアシンメトリーなど似合わせながらカット。エルネットピュールをスプレーし、濡れたような漆黒のツヤ感に。
▲ ページトップへ