トップ > ロレアルプロフェッショナル ブランドストーリー
エヴァ・グリーンが
ロレアル プロフェッショナルのスポークスパーソンに!
SPOKES PERSON

ロレアル プロフェッショナルのミューズ

2015年、世界各国のサロンにおいて
ロレアル プロフェッショナルのブランドコミュニケーションを活性化させるため、
カリスマ性と比類ない魅力を兼ね備え、世界で注目を受ける IT な女優
“エヴァ・グリーン” をスポークスパーソンに起用しました。

ロレアル プロフェッショナルは、『007 カジノ・ロワイヤル』のボンドガールやテレビドラマ『Penny Dreadful(ペニー・ドレッドフル)』のヒロインを演じ、2016年公開予定のティム・バートン監督の次回作『Miss Peregrine‘s Home for Peculiar Children(ミス・ペレグリンズ・ホーム・フォー・ピキュリアー・チルドレン)』への主演が決定している、フランス人女優、エヴァ・グリーンをロレアル プロフェッショナルの新たなスポークスパーソンに起用しました。エヴァは、戦略製品の新たなブランドの顔として大きく携わっていきます。 現在、34歳のエヴァ・グリーンは、女性らしさと人を惹き付ける美しさを兼ね備えた同世代で最も才能ある女優の1人であり、ファッションや美容のトレンドにも強い関心を持っています。透明感のある肌、ブルーの瞳、そしてブルネットのロングヘアーがトレードマークになっています。ルーズなウェーブスタイルであっても洗練されたグラマラスなシニヨンであっても、彼女からは常に力強い女性らしさが感じられる、今注目の、まさにITな女優です。

これまでに18本の映画とテレビドラマに出演し、印象的な役を多く演じてきたエヴァ。役選びには慎重である事でも知られており、その結果、数々の素晴らしい作品に携わるとともに、業界の名だたる名匠と見事な共演を果たしています。
エヴァ・グリーンは、1980年7月5日、パリにて、 フランス人女優、マルレーヌ・ジョベールとスウェーデン人の歯科医ワルター・グリーン(Walter Green)との間に生まれました。 女優になるべくして生まれてきたエヴァは、パリのセント・ポール演劇学校(Saint-Paul Drama School)で演技を学んだ後、ロンドンのウェバー・ダグラス・アカデミー(Webber Douglas Academy)に参加、さらにニューヨークのティッシュ・スクール・オブ・アート(Tisch School of Arts)に進み演出を学びました。
こうして十分な教育を受けたエヴァは、パリに戻った後、エスター・ビラール(Esther Vilar)の演劇『Jalousie en 3 fax』(3匹のキツネのジェラシー)の舞台に立ち、21歳でそのキャリアをスタートさせる。この作品で、2002年のモリエール賞最優秀新人賞にノミネート。そして、2003年には、巨匠・ベルナルド・ベルトルッチに見初められ、映画『ドリーマーズ』で念願のスクリーンデビューを果たしました。1968年5月にパリで発生した暴動を背景に描かれたこの作品で、双子の姉、イザベルを見事に演じきり、高い評価を獲得。

2004年にはフランス映画『ルパン』でロマン・デュリスと共演、瞬く間にスターへの階段を駆け上り、2005年にハリウッドに進出。そして、アカデミー監督・リドリー・スコット自らの推薦により、『キングダム・オブ・ヘブン』のヒロインに抜擢され、オーランド・ブルームとの共演を果たした後、一躍ハリウッドでも注目される存在となっています。
2006年には、ダニエル・クレイグがジェームズ・ボンドを演じた『007 カジノ・ロワイヤル』のヴェスパー・リンド役に選ばれ、ボンドガールの仲間入りを果たしました(フランス人としては、ソフィー・マルソーに続く5人目)。そして、その後もジョニー・デップと共演した『ダーク・シャドウ』や『シン・シティ 復讐の女神』などメジャー作品に出演する一方で、『パーフェクト・センス』や『White Bird in a Blizzard(ホワイト・バード・イン・ア・ブリザード)』といったインディペンデント映画でも活躍の場を広げ、様々なジャンルの映像作品にて観客を魅了し続けています。

2015年には、ティム・バートンの新作『Miss Peregrine‘s Home for Peculiar Children(ミス・ペレグリンズ・ホーム・フォー・ピキュリアー・チルドレン)』の撮影が始まる一方で、ジョシュ・バーネット主演の人気米テレビドラマ『Penny Dreadful(ペニー・ドレッドフル)』にも前シーズンに引き続いての出演が決定しており、これからも目が離せません。

~スポークスパーソンに就任して~ エヴァ・グリーン ~スポークスパーソンに就任して~ エヴァ・グリーン

Kirsten Dunst

「女優として、髪はとても大切なもの。専属の美容師とは常に良好な関係を保つようにしているわ。共に最高だと思えるヘアスタイルを創り出すには、お互いの信頼関係を構築することが何より大事ではないかしら。専属の美容師がロレアル プロフェッショナル製品を私の髪に使用してくれているのはもちろんのこと、今回、ブランドのミューズとして、新たな冒険に乗り出せる事をとても光栄に思っているわ。」

~スポークスパーソンを迎えて~ アン=ロール・レセルフ ロレアル プロフェッショナル
インターナショナル マネージングディレクター ~スポークスパーソンを迎えて~ アン=ロール・レセルフ ロレアル プロフェッショナル
インターナショナル マネージングディレクター

アン-ロール ルセルフ

「今回、エヴァ・グリーンを選んだのは、彼女が私たちの価値観を完璧に体現できる存在であったからです。彼女はファッションのトレンドにも非常に敏感であるうえに、スクリーン、私生活問わずに美容師の専門技術を重視しています。人の心を魅了する美貌と特性を備えているエヴァ・グリーンはロレアル プロフェッショナルにとって大きな強みとなると確信しています」